住宅ローンの主な金利タイプと向いている金利タイプ

    住宅ローンの主な金利タイプと向いている金利タイプ

    家を新築する際にほとんどの方は住宅ローンを利用します。
    しかし、多くの方は、自分にはどの金利タイプが向いているのか分からないことが多いです。そもそも、どういう金利タイプがあるのか分からない方も多くいらっしゃいます。

    当記事は、どういう金利タイプがあるのか分からない方、向いている金利タイプが分からない方の参考になるように書きました。

    住宅ローンの主な金利タイプ

    住宅ローンの主な金利タイプ

    住宅ローンの主な金利タイプには、変動型全期間固定型固定期間選択型の大きく3つのタイプがあります。
    それぞれの特徴は下記の通りになります。

    変動型

    世の中の金利の上下に合わせて、契約した住宅ローンの金利も半年ごとに見直があり、返済額の見直しは5年に一度行なわれます。

    借入時に最も金利が安く設定されていて、金利が下降した場合は返済額も減り、金利が上昇した場合には返済額も上昇します。

    全期間固定型

    契約した時の金利が返済完了まで適用されるため、返済額も一生変わりません。変動金利に比べて金利は高くなりますが、返済計画が立てやすくなります。

    35年間金利が変わらないフラット35と呼ばれる商品も全期間固定金利です。

    フラット35は、返済まで金利が変わらないので、審査金利も低く設定されていると言われており、他のタイプに比べて多く借り入れることができます。

    また、建物の性能により、5年間または10年間、金利が-0.25%になるフラット35S。そして、地方都市のなかには金利がマイナスになる施策もあり、栗原市では移住型と多世代同居型が5年間-0.25%になる施策があり、フラット35Sと一緒に使うことも可能です。

    固定期間選択型

    変動金利と全期間固定金利の間をとったのが、固定期間選択型です。
    3年、5年、10年などの固定期間を選択し、固定期間が終了した後は再度、固定金利か変動金利かを選択することができます。

    住宅ローン 自分に合った金利タイプは?

    住宅ローン 自分に合った金利タイプは?

    変動型、全期間固定型、固定期間選択型と、どの金利タイプが向いているかは、皆様の家族構成やライフスタイルによって変わってきます。
    下記にそれぞれの金利タイプに向いている方、向いているタイミングについて書きました。

    変動型

    金利上昇に対応できる方。
    返済余力がある、手元貯金が豊富な方。
    まめに経済動向をチェックできる方。
    共働きの間、ハイペースで繰り上げ返済を続けられる方。

    つまり、金融の知識があり、資金的にリスクをとって大丈夫な方に向いています。

    また、高金利期で金利が下降している時はそのメリットを享受できる変動型が向いているといえます。

    全期間固定型

    お子様が小さく返済額が上がったら困る方。
    将来の収入ダウンのリスクがある方。
    計画的に返済していきたい方。

    全期間固定型は、低金利期に借入すれば、長期間に渡って低金利のメリットを享受できるので、低金利期のタイミングでは安心感も高くメリットも大きいです。

    固定金額選択型

    例えば、あと10年間は教育費が掛かるので、金利が上がるのは困る。教育費を掛からなくなったら、その分を繰り上げ返済する、というように選択した期間の経過後に資金的な余力ができるのを予測できる方に向いています。

    栗原市ではどういう借り方が多いのか?

    栗原市ではどういう借り方が多いのか?

    おそらく、ここまで読んで頂いた方のなかには、「実際にはどういう借り方をしている人が多いの?」と気にされる方もいらっしゃると思うので、ここ数年間で佐藤工務店とお取引のあった方々のケースを記載します。

    農家はJA栗っこで借りることが多い

    栗原市には農業をされている方が多いことから、佐藤工務店で建てたお客様もJAさんとお付き合いされている方が多く、そのままJAさんで借りるケースが多かったです。

    そんなJAさんは、栗原市で店舗を構える金融機関の中では、金利が安い方なので、農業でのお付き合いを考え、借りるのもありだと思います。
    ただ、注意して頂きたいのは、その時の状況によってJAさんが高くなることもあると思うので、最終的には下調べをし、比較してから借りて頂くことをおすすめします。

    若い方はフラット35で借りるケースが増えてきた

    若い方が金利の上昇を心配しなくて済むうえに、計画的に返済できるように、全期間固定型のフラット35を選択するケースが増えてきました。

    現在の金利は底に近いと考えています。大きく上がることはあっても、大きく下がることはもうない。ただ、いつ上がるのかは、誰も読めないと考えています。
    そういったことから、金融の知識がある場合を除いて、佐藤工務店でも最近はフラット35をおすすめするケースが増えてきています。

    まとめ

    家族構成やライフスタイル、高金利期か低金利期かなどタイミングによっても選ぶべき金利タイプは変わります。
    また、ここには記載していないのですが、ネット銀行の金利も安い、など、まだまだ沢山の商品や情報があります。

    そのなかから選ぶのが難しい、という場合にはファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーにアドバイスを求めてみてはいかがでしょうか?
    通常、住宅ローンは長い期間支払っていくことになるので、プロの意見を聞いて、判断するということもリスクを抑えるうえで大切なことだと考えています。